DaddyOutPost


毎年秋が近づいてくると、七五三の写真の広告やCMがよく目に入ってきます。そもそも七五三とはどういった行事なのでしょうか。

七五三とは、子供の成長を祝い、今後の健やかな成長を祈願するために神社に詣でる行事のことです。七五三というのは、文字通り7,5,3歳でお祝いするのですが、それぞれ次のような意味があります。

七五三の3歳は、「髪置のお祝い」と言い、昔は男女共に3歳までは髪の毛を伸ばさずに剃っていたものを、伸ばし始めることにするお祝いです。七五三の5歳は、「袴着のお祝い」で、男の子が子供用の着物から初めて袴を着るようになったお祝いをするのです。そして、七五三の7歳は、女の子が今まで着物は紐で着ていたのですが、その時から帯を締めて着るようになる「帯解きのお祝い」です。このように、七五三は3,5,7歳でそれぞれのお祝いをするまで成長できた喜びをみんなでお祝いする日なのです。

日本も近世までは、貧困や栄養不足などが原因で子供が成人するまで生存している確率はかなり低いものでした。そして、子供は7歳までは人間でなく神様からの預かり物だと考えられていたことから、七五三のお祝いをする行事が生まれたのも納得できるでしょう。

七五三は、昔は数え年の7,5,3歳の時に11月15日に神社へ行き祝詞をあげてもらっていましたが、現在では満年齢でお祝いをする人も増えているようです。

前の記事